ロゴとフォント(書体)の組合わせでデザインのイメージが変わる

ロゴとフォント ロゴ 作り方

ロゴ作成時に組み合わせる書体(フォント)について。

会社やお店のロゴマークのデザインを制作する場合、多くのクライアントはロゴマークに会社名や店名、団体名などの名称を組み合わせての納品を希望されます。会社名や店名をロゴタイプのデザインとして制作する場合もありますが、大概は既製フォント(書体)による社名・店名の組み合わせになります。

組み合わせるフォント次第でここまでロゴマークのイメージが変わってしまうケース

ロゴと文字の比較

ロゴ・エンブレムと組み合わせるフォント(書体)の選択次第では、ロゴ全体のイメージがかなり変わってしまう場合があります。通常はロゴマークのデザインのイメージを崩さないフォント(書体)をデザイナーが選んでロゴを提案するのですがクライアントの中にはどうしても使いたいフォントがあるという方もいらっしゃいます。デザイナーの立場としては、ロゴマークに組み合わせるフォントまでを含めたものをロゴのデザインとして提案するのですがクライアントからフォント(書体)を指定された場合は、そのフォントを組み合わせてロゴのデザインをご提案しています。

クライアントが指定したフォントがロゴのイメージを崩さないようなデザインならば問題はありませんが、、”このフォントはこのロゴマークには合わない”という場合があります。自分では絶対に選ばないというフォントです。クライアントはロゴマークのデザインを見ているので、そのロゴマークに合わせてフォントを指定されているのですが、このように自分では絶対に組み合わせないフォントを指名された場合が非常に悩みどころです。

私の場合、デザインをゴリ押しするというのはあまりいいとは思っていません。特にロゴの場合は、自分の手元を離れクライアントがこれから永く使用するデザインなので、クライアントの意向に沿ったデザインにしてあげるのがいいと考えています。

ただし、このように自分では全く選ばないフォントを指定されてしまった場合、非常に困ってしまいます。ロゴの著作権には著作所有権と著作人格権があります。

著作人格権はこのロゴを作ったのは私ですという権利になりますのでロゴを制作作品として発表する場合があります。自分の中で特に気に入ったデザインのロゴは制作実績としてホームページなどで公開していますが、組み合わせたフォントによっては自分の作品として発表できないという場合もあります。

著作者にはどんな権利がある?
人格的な権利と財産的な権利の二つ
著作者の権利は、人格的な利益を保護する著作者人格権と財産的な利益を保護する著作権(財産権)の二つに分かれます。

公益社団法人著作権情報センター

クライアントが指定したフォントがロゴのデザインを損ねてしまう場合

ロゴマークのイメージには合わないと感じた場合でもクライアントが指定したフォントをロゴマークに組み合わせてデザインは提案していますが他のフォントを組み合わせたロゴも数案程一緒にご提案します。
違いを見せることで、気づいてもらえればという思いもあります。組み合わせるフォントもいろいろで、自分がオススメするフォントや、クライアントが指定したフォントに近いデザインで、イメージを崩さないフォントなどを幾つかロゴマークに合わせてご提案しています。
これで、大概は他のフォントを選んでくれます。

ただ、それでも最初に指定したフォントを選ばれてしまうクライアントもいます。
そういう場合は、クライアントもよほどそのフォントが気に入っているということですのでクライアントの意見を尊重します。

ロゴを制作して、提案すると一番オススメのデザインを選んでくれるということが多いのですがそうではないデザインを選ばれることもあります。デザインの選考基準は人それぞれだなぁと感じます。自分がいくらいいと思っても他人から見ればそれほどいいとは感じないということです。
ちなみに自分は目玉焼きが嫌いなので、どんなに人から美味しいよと言われてもそれは選ばないということと同じですね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました