これをやればロゴの印象が劇的に変わる、4つの秘策実践編!

2019年7月28日

ロゴの見せ方を工夫すれば、採用される確率が格段にアップします。

洗練されたレイアウトなどを見ているだけで、そこに掲載されている商品が素敵に見えるという経験は誰でもあると思いますが、ロゴのデザインに関しても同じことが言えます。ロゴのデザインが完成したら次は見せ方にも工夫をしてください。見せ方を少し工夫するだけで、ロゴの印象は大きく変わります。

ロゴのデザイン制作イメージ

ロゴを使用するシーンを考えたロゴデザインを提案して、クライアントの心をつかむ

ロゴのデザインだけを見せられてなかなかデザインの良さを判断できないというクライアントは少なくありません。このロゴ、名刺に入れたらどんな感じになるだろうか?お店の看板にしたらどう見える?ホームページに使用したら・・など、クライアントは実際使われるロゴのイメージを見てみたいのです。

そこでロゴの提案時にはツール展開されたロゴのデザインを一緒に提案することでクライアントに対して大きな説得材料にもなるわけです。

 

ロゴの採用率を少しでもアップさせるためにデザインしたロゴをより好印象にする4つの秘策

1.カラーと単色、両方のロゴデザインを提案しましょう。

カラーのロゴデザインと単色(白黒)にした場合のロゴデザインの印象があまりに違うのはロゴのデザインとしてはあまりオススメ出来ません。初めからカラーとモノクロのロゴデザインを見せておくとクライアントに対しての印象も良いでしょう。

カラーと白黒ロゴ

2.名刺に入れた場合のロゴを提案しましょう。

ロゴのデザインが完成したらまず最初に作成するツールとして定番のものといえば名刺です。ロゴの入った名刺を見せるということはクライアントに対してとても親切な提案になるので是非、行ってみてください。

ロゴ入り名刺

上:ロゴのブランディング:出来上がったロゴを名刺デザインにしてみる

ロゴのカードイメージ

上:ロゴのブランディング:ロゴだけをメインに使用した名刺のデザイン例(ロゴだけを入れる場合は2つ折り名刺や名刺の裏面などに使用する場合が主)

ロゴを制作している本業のグラフィックデザイナーなら名刺のデザインができないということはまずないと思いますが、クラウドソーシングなどを利用してロゴを提案される方の中には、副業でロゴのデザインをされている方も多いので、ちょっと名刺のデザインはできないという方には無料の名刺テンプレートのデザインなどを利用するのも方法のひとつです。

3.ホームページにロゴデザインを入れ込んだイメージを提案しましょう。

ホームページにロゴを入れ込んだイメージというのもクライアントには喜ばれます。ほとんどの企業がホームページを所有しているのでダミーのホームページにロゴを入れて提案するのはオススメです。

すでにホームページが出来上がっている場合、クライアントによっては「ホームページに合わせてロゴを提案」して欲しいというような特殊なケースももあります。実際に出来上がったロゴを入れ込んでみるとどうも色が合わないなんてこともあります。その場合はロゴの色を調整するか、ロゴの色のバリエーションを増やすなどして対応しましょう。(但し、本来ならロゴの色にホームページの色を合わせるべきです)

ホームページにロゴを入れる

4.看板やサインボードに入れたロゴを提案しましょう。

看板やサインボードもロゴを使用するツールとしては定番です。特に店舗を運営されているクライアントの場合は必ずと言っていいほどサインボードや看板にロゴを使用されます。看板には縦向き、横向きなどがあるのでどのような看板を使用されるか前もってわかっていると提案がしやすくなります。

壁 面サインのロゴ
上:壁面サインボードにロゴを使用した例

どうでしょうか?
ロゴだけを見ている時と、ツールに展開されたロゴを見るのとではロゴの印象が変わって見えたのではないでしょうか。
このようにロゴのデザインだけではなく、ロゴを様々なツールに展開したイメージをクライアントに提案することで 、ロゴに対する印象がかなり変わってきます。

名刺、ホームページ、看板やサインボードのデザイン以外にもクライアントがよく使用するツールなどがわかっていれば、そのツールにロゴを入れ込んだデザインを提案することで、あなたの作成したロゴに対する印象はかなりアップするのではないでしょうか。