ロゴの提案の仕方で印象はグッと変わる

2019年7月28日

ロゴのデザインをどのように提案しますか?

クライアントにロゴデザインを提案するとき、どのように提案されていますか?
完成したロゴの画像だけを送りつけて、ご検討ください・・なんてことはしていませんか。ロゴの提案方法も重要です。いくらロゴのデザインが良くても提案の仕方がお粗末ではせっかくのロゴもイメージダウンに繋がります。
ロゴデザインの提案の仕方次第でもクライアントに与える印象もだいぶ違います。せっかく素敵なデザインのロゴができたなら、ぜひ提案方法にも気を使ってください。

ロゴのプレゼン資料

まずは自分用のロゴデザインプレゼンシートを作成しよう

ロゴプレゼンシートを作成してロゴデザインを提案しましょう。これは自分なりの見せ方でいいと思います。私の場合は2種類の方法でプレゼンシートを使い分けています。ひとつはプレゼンシートをイラストレーターのアートボードで作成し、pdf出力します。もうひとつはホームページにクライアント専用ページを設けて提案します。

 

ロゴプレゼンシートに入れ込む要素

プレゼンシートに入れ込む内容、これは私の場合のpdf用のプレゼンシートの一例ですが、まずは表紙、これはクライアント名と提案者、提案日、タイトル。タイトルはわかりやすくロゴデザインのご提案みたいな感じにしてロゴプレゼンシートの表紙にしています。
次に1ページ目にはロゴのテーマとデザインコンセプト、このページのビジュアルとしてはロゴのサムネイルなどを入れ込んでいます。サムネイルが入っているとクライアントには好印象に思えますのでなるべく入れています。
2ページ目に、ここでド~ンとロゴのデザインを見せます。しっかりとロゴのデザインのテーマやコンセプトを読ませてからロゴを公開します。
3ページ目にはロゴのデザインバリエーションと色指定。
4ページ目以降にはロゴデザインを名刺や封筒、その他のツールに展開した時のイメージなどを入れています。

こんな感じでロゴのデザインを提案していますが、クライアントによって多少見せ方は変えていきます。ネットからオーダー受けたロゴデザインの依頼の場合、プレゼンといっても直接クライアントの前ですることはないと思います。これはあくまでプレゼンシートをクライアントに送る方法になります。

ロゴデザインの背景には透かし処理を施しています。

本来ならこんなことはしなくてもいいのでしょうが、提案したデザインを勝手に使用されてしまうということもありますので、ロゴの背景には「sample」などの文字を敷き詰めておくのが良いでしょう。実際に私もそのような経験があったので、今はロゴデザインの提案段階では背景に透かし処理を施しています。

クライアント専用ページでロゴのデザインを提案

もう一つの方法は、自分のサイトにクライアントの専用ページを作成して、クライアントに提案する方法です。ネット環境があればどこからでも見ることが可能なのでこの方法でも提案しています。ただし作成したクライアントのページは検索に引っかからないように「noindex」「nofollow」にしておきましょう。