これ重要!初めてのロゴ制作に失敗しないポイント-ロゴ依頼先の選び方

Pocket



ロゴの発注依頼先

ロゴのデザイン、あなたはどこに頼みますか?

「ロゴ 依頼」「ロゴデザイン作成」「ロゴマーク デザイン」などで検索するとかなりの数のロゴ作成サイトを探せると思いますが、あなたならどこに会社やお店のロゴマークのデザインを依頼しますか?
実際のところ数がありすぎてどこにロゴを頼めばいいのかわからないので、検索順にサイトを見て行ったり、広告をクリックしたりして良さそうなところに頼むというのが多いのではないでしょうか?

ロゴデザインの制作依頼

1.最初の一歩が超重要、ロゴデザイン依頼先の選び方!

ネットで会社のロゴやお店のマークなどロゴデザインを頼もうと検討されている場合はとくにロゴの依頼先の選択が非常に重要なポイントになります。この選択を間違えてしまうと希望どおりのロゴデザインを制作するのは難しくなります。ロゴデザイン制作を発注する上で、最初から一番大きなポイントとなるわけですので、ここはしっかりとロゴデザインの依頼先を見極めましょう。

ロゴデザインをしてくれるのはどんな依頼先?

  1. ロゴマークやロゴタイプのデザインコンペを開催するコンペ請負会社
  2. 無料でロゴマークやロゴタイプのデザインを提案するデザイン会社
  3. 完成済みロゴのデザインを販売するロゴ販売サイト
  4. ロゴ制作の経験豊富なデザイン事務所や広告代理店

ロゴのデザインを請け負う会社は大体、この4つに分類されます。それぞれのメリットとデメリットをこの後、細かく分析していきます。

 デザイン事務所

 

1.ロゴデザインのコンペを開催する会社

ロゴマークやロゴタイプなどクラウドソーシングなどのコンペサイトを利用してロゴデザインを制作されている方は今はかなり多くなってきています。

<ロゴコンペサイトのメリット>

  • 一度に数多くのロゴマークやロゴタイプのデザインを見れる
  • 自分で予算が決められるので、かなり低価格からのコンペも開催できる
  • いろいろな人のロゴデザインを見ることができる
  • ロゴ納品までの日数も設定可能

<ロゴコンペサイトのデメリット>

  • 学生やサラリーマン、主婦など登録さえすればプロのデザイナー以外も参加できる
  • 著作権の心配が大きい
  • 提案数にロゴの色違いやレイアウト違いなどのバリエーションも含まれるので、実際のところそんなに多くのデザイン提案数にはなっていない
  • 予算が低いとロゴのクオリティやデザイン提案数に支障をきたす。
  • 基本的には料金はかかる。(一定の提案数にならない場合は返金もあるらしい)

 

一度にたくさんのロゴマークを見れるということはデザインの選択肢が増えるということなので数を見たい方にはオススメですね。ただ、コンペサイトは登録すれば大抵の場合、誰でも提案できるためプロ以外の登録も多いということです。

 

注意しておきたい点は、
「ロゴデザインの提案数は多いがバリエーションも提案数に含まれるということ」
どういうことかというとメインとなるロゴデザインをもとにいくつかのバリエーションデザインを提案されている方が多いので、実際のロゴ提案数とは違うということですね。普通はロゴのバリエーションも含めて1案とするものですがコンペサイトの場合はどうも違うようです。

「予算をあまり低く設定すると良いロゴデザインが集まらない」

コンペなので、デザインが通らなければロゴデザイン提案者には勿論お金が入りません。つまり、デザインを生業としているプロの場合、あまり低い金額であれば通らない可能性のあるロゴデザインにわざわざ時間をかけてまでデザイン提案はしないということです。
また、ある程度高い金額でも応募数がかなり多く、ロゴデザインの当選確率は応募数分の1になるために、そのような確実性の薄いロゴデザインの提案には時間はあまりかけないとも考えられます。そういったことからやはりクオリティの面でも不安になる要素は残ります。

「著作権のトラブルも頭に入れておかなくてはいけない」

学生や主婦、副業を兼ねたサラリーマンなど素人の方も参加する可能性のあるロゴデザインのコンペは、著作権での心配がつきものです。
⚫︎ロゴコンペのトラブル事例

「ロゴ制作者と連絡が取れるかということ」

私のところにも数年前に作らせていただいたお客様からロゴを再納品できないか?という問い合わせや、部分的にロゴのデザインを変更したい等というお問い合わせが時々あります。
勿論、制作したロゴマークは基本的に大切に保管しているのできちんと対応しております。
コンペでデザインを選んだ場合、制作者と後日、連絡が取れるのかということが心配になります。特に学生や主婦の方の作品を選んでしまった場合や匿名で納品までやり取りしてしまった場合等、時間が経ってしまうと連絡が取れないこともあるのではないでしょうか?

「ロゴデザインの変更がむずかしい」

ロゴは永く使用するデザインですので、ロゴのデザインを決定する場合はとても選考に悩むと思います。とくにロゴのコンペは一度にたくさんの応募者からのロゴデザインを見て、その中から決めるためロゴを決めてしまってから、やはり違うロゴの方が良かったから変更したい等という決定後のデザインの変更は制作者が違うため難しいでしょう。また、決定したロゴデザインに対する大幅なデザインの修正等もコンペという選出方法から考えて難しいのではないかと思います。

【結論】ロゴコンペサイトは、ロゴ作成経験者にオススメ!

ロゴデザインを見極める力があると思う方。ロゴ制作者と連絡がとれなくなっても、自分で何とかできるという方。様々なツールなどロゴの扱い方に詳しい方にはロゴコンペサイトはオススメです。

ロゴデザインのラフ

2.無料でロゴデザインを提案するデザイン会社や広告代理店

ネットで”ロゴ無料提案”と検索すればかなりの数の無料提案のロゴ制作サイトが検索結果に表示されます。私も2004年にロゴデザインを無料で提案するプランを私が運営しているロゴデザインサイトで行ったことがあります。多分先駆けだったでしょう。かなりの数のお申し込みを頂きましたが、申込件数が多いために、ロゴデザインのクオリティを落としかねないと数ヶ月でそのプランをやめてしまいました。今やロゴの無料提案は当たり前というようになってきているのでその当時に比べれば申込件数も落ち着きましたので、2015年から再開しました。

<ロゴ無料提案のメリット>

  • 無料でロゴデザインが見ることが最大のメリット
  • ロゴのデザインが気に入らなければ料金を払う必要はない
  • 基本、プロのデザイナーがロゴを作成している
  • ロゴ制作後にも連絡は取りやすい

<ロゴ無料提案のデメリット>

  • ロゴデザインの提案数は2〜3案くらいが主流で、決して多くはない
  • ロゴのデザインのやり直しは基本、できない
  • ロゴデザイン提案までにそれなりの日数は必要
  • 同時に他社にロゴデザインの依頼は禁止されていることが多い

ロゴデザインの無料提案のメリットは何といっても「無料でロゴの提案を見れる」ということにつきますね。ロゴコンペとは違い数はロゴデザイン提案数は2〜3案程度が主流です。デザイン料金も様々で10,000円以下くらいから100,000円くらいまでと幅があります。大体20,000〜50,000円くらいがロゴの無料提案では一番多い料金設定でしょうか。それ以上の金額設定をしている会社は、ロゴを外注デザイナーさんに出している広告代理店などになります。ロゴマークやロゴタイプのデザインを見て、気に入らなければキャンセルできるという点はロゴを発注する側にとってはとても大きな魅力です。また、基本プロのグラフィックデザイナーが制作しているので安心感はあります。

ロゴ無料提案の運営会社はデザイナーを自社で抱えているデザイン事務所や個人のデザイナー(SOHO)、外部に発注している代理店などで、代理店の場合は中間マージンがあるので料金は相場の倍近い金額を設定している会社も中にはあります。

 

注意しておきたい点は、

「提案数が少なく、デザインの変更は基本的にできないことが多い」

ロゴの提案数に応じて、デザイン料が違う場合もありますが基本的には2〜3案程度ですのでその中からロゴデザインを選べるかということです。
ただ、素人の方と違いデザインのプロが制作する事が多いので、全体的なクオリティはロゴコンペより高いのではと思います。発注者さんの中にはいくつかの無料サイトに提案してもらいその中から決めようと思われる方もいらっしゃるでしょう。

「デザイン料金が安すぎると、ひとつのロゴにかけるクオリティが低下することも考えられる」

このロゴデザインの無料提案、制作サイドからいうとある程度デザイン数をこなさないと収益を上げることが出来ないというのが事実です。ロゴのデザインを提案すれば100%と通るというものではないので、ある程度デザイン数もこなさなければなりません。キャンセルされることもあるでしょう。もちろんどのデザイナーも提案獲得のために一生懸命ロゴをデザインしていることに間違いはないと思います。プロなのですから。ただ、ロゴの価格設定を安くすれば尚更、デザインするロゴの数を増やさなければ提案が通ったとしても収益にはつながらない。そうなるとクオリティの低下は避けられない。

「デザイン料金が高すぎる場合にも、注意を」

ロゴの無料提案の会社の中には、広告代理店なども含まれています。広告代理店でも自社でデザイナーを抱えているような会社はある程度良心的な価格設定をしていますが、デザイナーを外注している会社はかなり高額な設定をしている場合もあります。ネットでロゴデザインを発注する大きなメリットは「利便性と良心的な価格設定」。ネットでロゴを頼むなら基本相場の金額からロゴ作成会社を探すことをオススメします。また、代理店が抱えている外注のロゴデザイナーであれば直接発注することも可能でしょう。料金も半額、デザイン修正も無制限で請け負ってくれるということもあるのではないでしょうか。

「ロゴデザインの変更ができない」

無料提案の場合、ロゴデザインの修正は回数制限があったり、無制限対応というところも中にはあるようです。ただ、ロゴデザインの全面変更、いわゆるロゴのデザインのやり直しには対応していないところがほとんどのようです。私は、無料提案も増えてきているのでいいとは思うのですが、基本ロゴマークのデザインは、デザインを詰めながら完成していくことがいいと考えています。途中でデザインの大幅な変更等もやむを得ないと思っています。永く使用するロゴデザインはやはり妥協しないで作成するべきだと考えています。

「ロゴデザイン実績を重視して選ぶ」

ロゴ無料提案サイトの場合、ほとんどロゴデザインの制作実績を掲載していると思います。このロゴ制作実績は、ロゴのクオリティを測る上で必ず見てください。見るポイントとしては価格と価値のバランス。設定している金額が安くても、良いデザインを提案している会社。逆に金額が高いのに、それほどでもない会社など。ロゴの制作実績から多くのことが読み取れます。もし無料提案でロゴデザインを作成しようとお考えなら必ずロゴ制作実績をみましょう。

【結論】無料ロゴデザイン提案は、ロゴ制作がはじめての方にもオススメです。できればデザイナーを指名してお願いできるところがいいでしょう。

 

ロゴ説明画像・青い鳥

3. 完成済みのロゴデザイン販売ロゴマーク専門店で購入する<

すでにデザインが完成しているロゴを購入する方法です。洋服で言えばオーダーメイドではなく既成品というような印象です。販売ロゴのデザインとしてあまりにも有名なロゴは「Twitterのロゴ・Twitterバード」こちらのロゴはiStockphotoで販売していたロゴデザインを購入したもののようです。価格は6ドル?ほどだったとか。

<販売ロゴマークのメリット>

  • ロゴデザインを見て選ぶことができるので失敗しない
  • 制作時間が大幅に短縮。ロゴの納品までがスムーズなので急いでいる場合は助かる。
  • 写真を探すように、かなりイメージに近いロゴを探すことができる
  • 様々なロゴデザインがかなり豊富にある
  • 基本、プロのデザイナーがロゴを作成している為、ロゴのクオリティは高い
  • 発注の仕方も、はじめからロゴを作成するわけではないので簡単。
  • 1点もののロゴデザインなので、購入すればオリジナルロゴとして使用できる。
  • ロゴ制作後にも連絡は取りやすい

<販売ロゴマークのデメリット>

  • ロゴマークのみで、ロゴタイプのデザインはほとんどない
  • オーダーロゴマークと価格の差があまりない
  • 気に入ったと思っても売り切れになることもある
  • ロゴデザインの大幅な改変はできない

販売ロゴマークの良い点は、やはり制作時間をほとんど必要にしないという点と、すでに出来上がっているロゴマークからデザインを選ぶので失敗がないというこの2つが大きいです。とくに起業や開業などの準備が忙しい期間とロゴの制作が重なった場合は、販売ロゴマークでお気に入りのロゴを探すのはオススメかもしれません。24時間365日完成済みロゴを掲載しているので、時間の都合のつくときにいつでも閲覧できて購入することが可能です。

注意しておきたい点は、
「人気のあるロゴデザインは、以外に早く売り切れる」
特殊な業種で起業したり、開業したりする場合などは別ですが、同じような業種で会社をつくろう、お店を出そうとしている方は以外に多いものです。歯科医院で開業準備「ロゴは歯をモチーフにしたデザインを探そう」、居酒屋で開業「お店のロゴには魚をイメージしたデザインを」など以外と考えていることがかぶることは多いもの。選ぶロゴのデザインもやはりかぶってくるということです。

「ロゴタイプのデザインはまずない」

ロゴタイプ、会社名や店舗名をロゴにしたデザインのことですが、やはり販売ロゴにはありません。欧文一文字だけのロゴタイプなら別ですが、そういう社名や店名もあまりありませんからロゴタイプを見つけることはできませんね。

「複雑なデザインや特殊なデザインのロゴもあまりない」

販売ロゴマークという立場を考えれば、なるべく多くの人が購入したくなるようなロゴデザインを掲載するはずです。あまりに特殊なモチーフやデザインのロゴマークでは、売れる可能性が極端に低くなります。逆に人をモチーフにしたロゴデザインとか、ハートの形のロゴデザインなどは探しやすいと思います。

「ロゴデザインの変更は基本できない」

完成済みで販売しているロゴマークなので、基本はそのデザインを使用していただくということが前提です。したがってデザインの改変などには対応していないことが多いです。販売ロゴマークを購入するお客様もそこまで望んではいらっしゃらないでしょう。

【結論】ロゴをオーダーしたからといって必ずいいデザインが仕上がる保証はありませんので、まずはじめに販売ロゴのデザインから探すというのもオススメです。

ロゴ制作事務所

4. ロゴ制作実績の多いデザイン事務所にロゴを直接依頼する

ロゴマーク、ロゴタイプなどの制作実績が豊富なデザイン事務所ををネット等から探し出して直接ロゴデザインを依頼するという方法です。ネットが普及する以前の一般的なロゴ発注の仕方ですね。

<制作実績の豊富なデザイン事務所にロゴを依頼するメリット>

  • ロゴデザイン制作実績が豊富なので安心感があり信頼できる
  • 自社のデザイナーがロゴを作成するの(外注などに出す不安がない)
  • ロゴを作成する上ですべての要望に対応してもらえる。
  • ロゴに付随する様々なツールの提案も可能
  • ロゴ制作後の連絡も取りやすい

<制作実績の豊富なデザイン事務所にロゴを依頼するデメリット>

  • ロゴ制作料金は高額になることが多い
  • デザイナーや営業さんとのしっかりとしたコミュニケーションが必要になる。
  • 追加の料金がかかることも多い。
  • ロゴを得意としているデザイン事務所を探しづらい
  • はじめてデザインを依頼する方は、デザイン料の相場がわかならいために料金の交渉がしづらい。

ロゴのデザインを依頼する前に、そのデザイン事務所の実績を確認することでクオリティ面はの問題はクリアできると言えます。デザイン提案数も希望を聞いてもらえるでしょうし、変更・修正なども納得がいくまで対応してもらえます。ロゴマークやロゴタイプは、作ったら終わりではありません。そのロゴは様々なツールに活用されていきます。例えば名刺や封筒、ホームページ、商品など。デザイン事務所ならロゴマークを制作した後の様々なツール制作にも対応している事が多いためイメージの統一化が図れるということです。デザイン事務所に頼むメリットとしてこれらのツールを提案してもらえるということは大きなメリットです。

注意しておきたい点は、
「デザイン料金は見積もり、思った以上に経費がかさむことも」

デザイン事務所にロゴデザインを頼むときに、大きな障壁となるのが「デザイン料金」です。ネットでロゴを作成する場合は、ほぼ料金が決まっているので予想の範囲を超えるということはまずありませんが、デザイン事務所にデザインを発注する場合は違います。代理店であれば尚更です。デザイン料以外にも、企画料や、ディレクション料、フィニッシュ料、修正などの追加料金など、思った以上に様々な部分で料金がかかってくることもありますので、そのへんは注意が必要です。

「ロゴデザインをはじめその他のデザインなどの制作実績は必ず確認」

デザイン全般に言えることですが、デザインは見る人によって良いデザインであったり、逆に良く思えないデザインであったりと、同じデザインでも見る人の印象で大きく変わります。いかに制作実績がすごくても、本当に自分が思っているようなデザインをしてくれるだろうかという判断は発注する本人が決めなくてはなりません。そのためにはロゴデザインの制作実績はもちろんですが、それ以外のデザインの制作実績も見て、自分が望んだようなデザインになるかを判断しましょう。デザイン事務所にも得手不得手がありますのでそこを見極めてください。

【結論】ロゴ完成後の各種ツールにも対応できるので、お抱えのデザイン事務所を探しているならロゴをデザイン事務所に発注するのもオススメです。

 

ロゴデザイン発注

 

 

ロゴデザイン外注先の選び方「まとめ」

1.販売ロゴデザインサイトからロゴマークのデザインを探してみる。
2.販売ロゴになければ、無料のロゴ作成サービスを利用する。
3.コンペサイトは発注者側もそれなりの知識が必要。利用するなら慎重に。

 

ロゴデザインの無料提案「ロゴジャパン」
格安ロゴマークデザイン販売サイト「ロゴマークガーデン」


にほんブログ村 デザインブログ ロゴ&マークへ

このエントリーをはてなブックマークに追加